グッド・イフェクティブ

作品名
DREAM CAR OF THE DAY
広告主名
トヨタ自動車株式会社
商品/サービス名
TOYOTA DREAM CAR ART CONTEST
広告会社
株式会社サーチアンドサーチ・ファロン
制作会社
株式会社コパイロツト / 株式会社シフトブレイン / 株式会社キラメキ
STAFF
Senior Art Director:藤吉 匡 (Saatchi & Saatchi Fallon)
Account Supervisor:大谷 直史 (Saatchi & Saatchi Fallon)
Strategic Planner:Nick Ashley (Saatchi & Saatchi Fallon)
Producer:船橋 友久(COPILOT Inc.)
Assistant Project Manager:伊藤 真佑美 (COPILOT Inc.)
Creative Supervisor:加藤 琢磨 (SHIFTBRAIN Inc.)
Director, Project Manager:仲村 直 (SHIFTBRAIN Inc.)
Director:町田 大樹(SHIFTBRAIN Inc.)
Art Director, Designer:鈴木 慶太朗 (SHIFTBRAIN Inc.)
Front-end Developer:鈴木 丈 (SHIFTBRAIN Inc.) 國仲 義則 (SHIFTBRAIN Inc.)
Technical Director, Developer:安友 裕秋(SHIFTBRAIN Inc.)
Producer:郭 勝 (kirameki inc.)
Project Manager:高田 ゆみこ (kirameki inc.) 佐藤 幸 (kirameki inc.)
Film Director:竹内 泰人 (kirameki inc.) 大島 貴明 (Image United Inc.) Atelier KOČKA decovocal 井上 卓 ひらのりょう
Photographer:藤本 伸吾 古賀 親宗
Sound Designer:Cubesato
美術: 長谷川 千純
照明:河田 弘樹 前 宏樹

子供たちが描いた絵の世界観そのものの動画コンテンツを制作・提供

「TOYOTA DREAM CAR ART CONTEST」は15歳以下の世界中の子供を対象とした世界最大級のアートコンテスト。2014年で第8回目を迎え、75カ国(もしくは地域)から66万点以上の応募があった。集まった「夢のクルマ」の絵と絵の裏にあるアイデアの素晴らしさを世界中に届け、TOYOTAがこのような場を提供していることを世界にPRすることを目的としてキャンペーンを実施。“子供たちの絵”が主役だが、非常にディテールまで描きこまれたものも多く、一目見るだけではその魅力や、絵の裏にあるアイデアまで理解できないという側面もあった。そこで、90人のファイナリストの作品を6秒のVine動画にし、90日連続で1日に1作品を紹介する「Dream Car of the Day」という企画を考案。作られた映像は2014年5月29日から8月26日までの90日間に渡り、キャンペーンサイト、Facebook、Twitter、Vine、Instagramで公開した。Vineの映像化にあたっては6組の映像監督を起用し、絵の世界観を最大限尊重しつつ、それぞれの絵に合った表現を追求した。サイトのアクセス数は3ヶ月で200万以上を達成。Facebookページでは68万人のファンを獲得、Vineのloop数は130万を超えた。また、AdweekやDesignboomなどを筆頭に90以上のオンライン媒体で、19以上の言語で紹介された。